ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

競技転向3年後に日本歴代2位に 身長179cmの女子やり投げホープ北口榛花(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートたちを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第4回は北海道出身、陸上競技の北口榛花(はるか/日本大)を紹介する。

高身長という強み

陸上女子やり投げのホープ、北口榛花。写真は2016年5月、61メートル38のジュニア日本新をマークした北口【写真は共同】

 北口榛花はスケールの大きなやり投げ選手だ。「最近は計っていないけど179センチはある」という長身からやりを投げ出すダイナミックなフォームが日本人離れしている。

 今季に引退した女子やり投げの第一人者、海老原有希さんは身長164センチ。63メートル80の日本記録保持者で、2011年世界選手権では同種目で日本人初の決勝進出を果たした国内屈指の実績を持つ。それでも世界的に見れば小柄な身長で、これ以上の結果を残すには限界があったとも言えた。
 北口の場合は高身長という点だけを取っても、ワールドクラスになり得る可能性がある。自己記録はまだ海老原さんに及ばないものの、19歳の現時点で日本歴代3位の61メートル38(記録時点では歴代2位)に達している。(2017年12月14日掲載記事)

北口榛花選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る