ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

京都が育んだ女子プロテニスプレーヤー 加藤未唯、五輪へ世界へ「限界までやる」(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートたちを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第3回は京都府出身、女子プロテニスプレーヤーの加藤未唯(佐川印刷)を紹介する。

地元で知られたポニーテールのテニス少女

海外ツアーで戦う女子プロテニスプレーヤーの加藤未唯。彼女が生まれ育ったのは、伝統と革新・創造の街「京都」だ【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 彼女は必ずしも、ジュニア時代から常にトップを疾走していた、エリート選手という訳ではない。それでも加藤未唯の存在は、関西地方......特に地元の京都では、テニスファンの間で早くから知られていた。
 長い髪を一つにまとめたポニーテールと、フリルのついたフェミニンなウエアがトレードマーク。その小柄で愛らしい少女が、ひとたび試合が始まるや髪を振り乱し、フリルをはためかせ駆け回ると、腕が吹っ飛びそうな勢いでラケットを振り上げ、飛び上がりボールをたたいた。派手な動きといでたちは、とかく見る者の目を引く。

「初めて彼女のテニスを見た時は衝撃を受けましたよ。小柄な日本人のジュニアが、あんなにダイナミックなプレーをするなんて」
 高校時代の彼女を見たテニス関係者は、当時をそう回想した。

「それで驚く方が、こっちにしてみれば不思議な話や」
 加藤が9歳から18歳まで通ったスクール"パブリックテニス宝ヶ池"の石井知信コーチは、そんな周囲の評価に、むしろすっとんきょうな声を上げる。

「日本のコーチは、なんでも型にハメようとしすぎる。どんな打ち方でも、最終的にはラケットがどうボールに当たるかで飛び方は決まるんやから」

 そのような、本人いわく「当然」の、だが相対的に見ればユニークな指導理念を持つコーチは、初めてスクールを訪れた9歳の女の子を見た瞬間、「この子はやる子や。つぶしたらアカン」と直感したという。あいさつをする母親の横で、無関心を装いながらも自分をアピールするようにラケットを振る姿は、型にはまらず、なおかつサマになっている。
「この子は、放っといても行くところまで行く。自分の役目は、環境を与えてやることや」
 そう思った石井は、練習中に細かく指示を出すことなく、終わった後に気が付いたことを助言していった。(2017年11月28日掲載記事)

加藤未唯選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る