ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

フェンシングの町で培った技術を世界で 長野出身・西藤俊哉が描く五輪での夢(3) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け!ニッポンのアスリートたち」。第10回は長野県出身、フェンシングの西藤俊哉(20歳、法政大)を紹介する。

中学時代にスランプ 覚悟を持って東京へ

「個人と団体の銀メダルを獲れたのが大きい」と話す西藤。世界選手権での活躍が自信となっている【スポーツナビ】

 5歳から始めた西藤は小学生時代は県内では敵無しで、全国大会でもそれなりの結果を出して国際大会の代表にも選ばれる程だった。だが中学に入るとスランプに陥った。

「ちょうど僕の上に強い世代がいて、中1になった時に中3の先輩たちに勝てなくなってしまったんです。僕は5歳からやっているのに、中学から始めた先輩たちに勝てない。当然、体の成長の差もありますが、その頃はそういうこともまったく考えていなかったので、どんどん自信がなくなってしまい、父に『フェンシングを止める』と言ったんです。それに対して父は何も言わなかったけど、2週間もやっていないとまたやりたくなってくるんです。それでいろいろ悩んでいたら、その前に受けていたトライアウトの合格通知が届いて。父に『お前、2次はどうするんだ』と言われたので『もう一回合宿に行く』と決めて参加したら、エリートアカデミーから声がかかったんです。それで中2から『これでダメだったら引退するしかない』という覚悟で東京に出てきました。それからは心が折れそうになった時や悩んだ時はあっても、止めるとは一切考えなかったですね。同世代の強い選手ばかりがいる環境に身を置けたことも良かったと思います」

 13年には世界カデ選手権で3位になった。この大会では07年にロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒(フェンシングステージ)が優勝していて、前年には1歳上の松山が優勝して坂田将倫(法政大)が3位になっていた。だから翌年の世界カデ・ジュニア選手権のジュニア部門で3位になった時、西藤はそのうれしさよりも優勝を狙っていたカデで早々と敗退してしまったことの方が悔しかった。同世代のライバルが次々と結果を出していたからこそ、負けん気に火がついたのだ。

「16年の世界ジュニア団体の優勝は、まだ自信を持てるものではなかったですね。個人も同学年の敷根と1年上の松山さんが金と銅だったし、準決勝で対戦した2人の勝った方が金メダルだろうという状況だったから。団体もその2人がいたからこそのチームで、正直、僕はまだ実力もなかった。でもその時はもうリオの団体戦の出場権を取れないことも決まっていたので、東京へ向けて世代交代を始めて強化していこうという中に、自分も入ることができて、いろいろな経験をできたことが良かった。だから17年の世界ジュニアで個人と団体で共に銀メダルを獲れたのは大きいですね。16年の後半から17年にかけていい感じでいろいろな経験をして、それが生きてきた中での世界選手権だったので、どの大会がキッカケになったというのではなく、本当に伸びた1年間だと思います」(2018年2月28日掲載記事)

西藤俊哉選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る