ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

フェンシングの町で培った技術を世界で 長野出身・西藤俊哉が描く五輪での夢(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け!ニッポンのアスリートたち」。第10回は長野県出身、フェンシングの西藤俊哉(20歳、法政大)を紹介する。

17年の世界選手権で大躍進の銀メダル

長野県出身、フェンシング・フルーレの西藤俊哉を紹介する【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

昨年の世界選手権で太田雄貴(中央)以来の銀メダルを獲得した西藤(右)。左は銅メダルの敷根崇裕【写真は共同】

 昨年の夏、長野県民的には驚く出来事があった。

 伊那谷にある箕輪町出身の西藤俊哉(20歳)が、初出場のフェンシング世界選手権(ドイツ・ライプチヒ)男子フルーレで準優勝を果たしたのだ。しかもその戦いは2回戦で太田雄貴(現・日本フェンシング協会会長)のライバルでもあり、過去4度の世界選手権制覇の経験を持つピーター・ヨピッヒ(ドイツ)を15対5で破った。その後は、リオデジャネイロ五輪の上位選手ばかりと対戦し、銅メダルのティムール・サフィン(ロシア)を15対14で破り、4位のリチャード・クルス(イギリス)には15対11、準決勝では金メダリストのダニエレ・ガロッツォ(イタリア)を15対12で破る快進撃を見せた。決勝ではドミトリー・チェレブチェンコ(ロシア)に12対15で敗れたが、10年に銅、15年に金を獲得した太田以来2人目の個人戦のメダル獲得を果たした。

「もちろんどんな試合でも出る限りは勝ちたいと思っているけど、その前のワールドカップ(W杯)ではベスト8が一回だけという状況の中での世界選手権でした。ですので、とりあえずは事前合宿などにも時間を割いて万全な準備をした上で、今の自分が力をマックスまで出した時にどのくらいまでいけるのかというのを試してみようと思った大会でした。銀メダルを獲れたのは自分でもビックリしたというのが正直なところです。しかも勝ち上がるにはメチャクチャ厳しい組み合わせだったので、一つひとつ戦っていって、気がつけば決勝だったという感じです。

 ただラッキーだったのは2月にヨピッヒ選手と試合をしていたし、5月にはそのシーズンはメチャクチャ調子がよかったサフィン選手とも試合をしていたことです。両方とも負けていたのですが、一回剣を交えたのでその選手がどういう選手なのかというのも分かっていて対策も立てやすかった。それは向こうも同じですけど、実力がない者からすると、相手がどういう選手かを知っているだけで違ってくると思います」(2018年2月28日掲載記事)

西藤俊哉選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る