ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

阿部一二三、世界が驚嘆した柔道の原点 才能に頼らず、努力と挫折で成長した逸材(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

2020年東京五輪、そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートたち。彼ら彼女らを「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」として連載で紹介する。第1回の注目アスリートは兵庫県出身、柔道の阿部一二三(日本体育大)だ。

"一本を取る"柔道で世界王者に

世界選手権で初出場ながら金メダルを獲得した阿部一二三。"一本を取る"柔道は観る者を驚かせた【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 今年8月、ハンガリー・ブダペストで行われた柔道の世界選手権。男子66キロ級に出場した阿部一二三は、初出場で金メダルを獲得した。

 内容が見事だった。6試合中5試合で一本勝ちを収めたのである。しかも決勝でミハイル・プリャエフ(ロシア)を相手に、袖釣り込み腰で一本勝ちしたのを始め、背負い投げ、体落としなど、豪快な投げ技は、海外の柔道関係者や観客を含め、観る者を驚嘆させた。まさしく一本を取る、日本が理想とする柔道がそこにあった。(2017年10月26日掲載記事)

阿部一二三選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る