よみがなをつけよう>


「スポーツ」にかかわる仕事

男子があこがれる第一の職業が、スポーツ選手。ありえないようなファインプレイで観客の目をクギ付けにできたら…想像するだけで興奮するよね!もちろん、「スポーツ」に関わる仕事は、プレイヤー(選手)だけではない。試合を企画・運営するスタッフや、最高のパフォーマンスを引き出すギア(道具)を作る職人の存在も忘れてはならない。

「スポーツ」にかかわる仕事について考えよう!

  • 「スポーツ」に関わる仕事には、どんな仕事があるのだろう? ここでは、「プレイヤー」「マネジメント」「コーチング・トレーナー」「スポーツ用品」 の仕事について紹介しているよ。では、さっそく見てみよう。

●プレイヤー

  • プレイヤーとして働く方法は、大きく2つある。1つは、野球やサッカーなどのようにプロスポーツ選手になること。もう1つが、マラソンやレスリングなどのように、アマチュアとして実業団などに所属し、会社の業務をこなしながら、仕事の一つとしてスポーツをするというもの。プロ組織の有無、実力、将来自分がどうしたいかなどを照らし合わせて、どちらに進むか考えたいね。

●マネジメント

  • スポーツにおけるマネジメントとは、スポーツ選手に代わって、契約やメディア出演のスケジュール管理などを行うこと。主にスポーツエージェントやタレント事務所が行っていて、仕事内容に応じて、宣伝、法律といったそれぞれの分野の専門家が担当するんだ。海外で活やくするスポーツ選手のマネジメントを行う場合は、外国語も要求される。この分野で活やくするには、何か専門を持っていた方が有利だね。

●コーチング・トレーナー

  • スポーツ選手に対して、技術的な指導をするのがコーチで、そのための身体づくりをサポートするのがトレーナー。プロや実業団などのアマチュアスポーツの場合、コーチは、その競技の元選手であることが多く、トレーナーはスポーツ科学などを学んだ身体の専門家が多いんだ。また、最近はメンタルのコーチを付けたことで勝負強くなったという話もあるので、精神面を鍛えるコーチもチェックしておきたい。

●スポーツ用品

  • 超一流のプロスポーツ選手になると、スポーツ用品メーカーの職人が先進の素材を使って、シューズなどその選手の身体や動きにフィットした道具を提供してくれるんだ。それは、選手からのコメントが商品開発に活かされるからであり、ブランドのPRができるからでもあるんだよ。そんなスポーツ用品メーカーでは、商品を企画する人や、イベントを運営する人、会社のPRをする人などが働いているよ。

    『スポーツが好き』な人におすすめの職業紹介(外部サイト)
    プロスポーツ選手、監督・コーチ、審判員、スポーツライターなど

読んでみよう!

  • 「スポーツ」にかかわる仕事をする人には、どんな人がいるのかな? ここでは、「プロスポーツ選手」「スポーツマネージメント」「サッカーコーチ」「スポーツ用品メーカーで働く」の方にききました。

おすすめカテゴリ

おすすめのサイト(外部サイト)

1000以上の職業の説明や働くプロに質問できるコーナーがあるよ!

すべてのページのいちらんを見る