Yahoo!きっず学習

授業や宿題で使えるコンテンツをそろえました。

リサイクル(3R)ってなんだろう

情報提供:エコロジーオンライン(外部サイト)
モノは捨てればゴミ、再利用すれば資源になるよ。リサイクルについて学ぼう!
使い終えたら資源として再利用
  • ゴミを捨てないで、工夫して資源に戻すことをリサイクルといいます。例えば新聞紙は、ドロドロにとかしてインクを取りのぞくことで、パルプ(紙の原料となる植物せんい)にもどすことができます。このパルプを使って、段ボールなどの新しい紙製品をつくることが可能です。このほかにも、アルミ缶やプラスチック容器、ガラス、鉄、コンクリートなど、さまざまなゴミをリサイクルすることができます。それらはゴミではなく、「リサイクル資源」と呼ぶべきかもしれません。リサイクルをうまく進めるには、きちんとゴミを分けて、種類ごとに集める必要があります。

3R

リサイクルをするには、多くのエネルギーが必要となるので、環境にいいことばかりではありません。そもそもゴミを出さない「リデュース(Reduce)」と、使えるものはくり返し使う「リユース(Reuse)」、そして「リサイクル(Recycle)」、この3つの「R」を進めていくことが大事なのです。
  • リサイクルの歴史
    日本のリサイクルの歴史は古く、中世から、町のし尿(ウンチやおしっこ)が、農村の肥料として用いられていました。江戸時代にはリサイクルがとても進んでいて、紙くずや古着はもちろん、こわれた傘(かさ)の骨やホウキ、さらには燃えたあとの「灰」まで回収され、活用されていたそうです。昭和に入って、戦争直後の何もない時代にも、焼け野原から、鉄くずやガラスなどが集められ、復興に役立てられました。日本には、ものを大切に最後まで使いつくす心が根付いているのです。

さまざまなリサイクル

都市鉱山
携帯電話をきちんと回収すれば、「鉱山」のように、めずらしい金属を取り出すことができます。
リサイクル素材のショールーム
ゴミも、ていねいに分別すれば、いろんなものづくりに使うことができます。
リサイクル村
ベトナムには、リサイクルでお金をかせぎ、豊かになった村がたくさんあります。
リサイクル雑貨
ゴミにおしゃれなデザインを加えて新しい商品にすることも、一つのリサイクルといえます。

どうがでまなぼう!(NHK for School)

(外部サイト)
  • NHK 0:14:59
    ど~する?地球のあした
    リサイクルが進められる一方、資源ゴミの回収や運搬にはエネルギーが使われ、分別された資源ゴミの行方は必ずしも明らかではない。リサイクルの現実を追い、功罪を考える。

ゲームでまなぼう!

  • 「ココロン」が住む世界で、環境のためには何をすればいいのか体験しよう!

ほかのページも見てみよう!

おすすめキーワード

おすすめカテゴリ

おすすめのサイト

ごみはどうやって生まれかわるのか調べてみよう!
クイズや動画でリサイクルを学ぼう!
キャラクターイラスト:(C)2004, 2017 SANRIO CO.,LTD. / Yahoo Japan Corporation.
Yahoo! JAPAN ネットで、もっと、いいコト。
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.