聖徳太子 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

聖徳太子しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日))または厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、厩戸王( うまやとおう)は、飛鳥時代の皇族・政治家。「聖徳太子」は、後世の諡号。用明天皇の第二 ...

聖徳太子について - 和宗総本山 四天王寺

http://www.shitennoji.or.jp/shotokutaishi.html

聖徳太子といえば、日本中の誰一人知らない者はいません。お太子さまこそ、我が国の代表的偉人であり、日本の文化と平和(国家安泰)を象徴する最大の人物といえます。

聖徳太子(しょうとくたいし)とは - コトバンク

https://kotobank.jp/word/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90-18334

美術人名辞典 - 聖徳太子の用語解説 - 飛鳥時代の摂政。用明天皇の皇子。名は廏戸豊聡耳皇子。聖徳太子は諡名。上宮王ともいう。おばにあたる推古天皇の摂政として政治を整備した。冠位十二階・十七条憲法を制定。国史の編纂を行ない、小野妹子を隋へ ...

聖徳太子 - 飛鳥の扉

http://www.asuka-tobira.com/syotokutaishi/shotokutaishi.htm

592年,推古天皇が豊浦宮(とゆらのみや)で即位し,甥(おい)の廐戸皇子(うまやどのみこ-「聖徳太子」)が皇太子となった。廐戸皇子は推古天皇の摂政となり,政治を行った。聖徳太子は大王(天皇)中心の政治をめざし,遣隋使派遣,冠位十二階や十七条 ...

聖徳太子が歴史から消える日~ 『世界一受けたい授業』河合敦さんが ...

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48884

世界一受けたい授業』でおなじみの歴史研究家・河合敦さんが、歴史の教科書についてのちょっと驚く事実を明かします。 あの聖徳太子は別の人?? 「聖徳太子は、推古天皇の摂政として冠位十二階、十七条の憲法を制定し、遣隋使の小野妹子を派遣した」

あの「聖徳太子」が教科書から姿を消すワケ | リーダーシップ・教養・資格 ...

https://toyokeizai.net/articles/-/118796?page=2

誰もがその名を知る、日本古代史最大級の偉人「聖徳太子」。かつて旧1万円札の代名詞でもあり、「一度に10人の話を同時に聞き分ける」など、その生涯における超人的エピソードは、1400年の時を経てなお今日に語り…

歴史人物 聖徳太子(574年から622年) - 毛呂山町

http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1288245929939/index.html

飛鳥時代の政治家であり、宗教的思想家である。593年、推古天皇の摂政となった聖徳 太子は、蘇我馬子と協力して、天皇中心の政治を目指した。豪族たちの力が強いなかで、603年、冠位十二階を定めて、今までとは違い、個人の能力による人材の登用を ...

聖徳太子墓/太子町ホームページ

http://www.town.taishi.osaka.jp/kanko_info/rekishi_shiseki/syotokutaishi_haka.html

推古天皇の摂政として、十七条憲法や冠位十二階の制定、遣隋使の派遣などの進んだ政治制度や文化を取り入れ、政治改革を図った聖徳太子は、日本書紀によると推古29 年(621)に亡くなり、磯長の地に葬られました。太子墓は径50メートル、高さ10メートル ...

聖徳太子ってどんな人物?5分で知る偉人! れきし上の人物.com

https://r-ijin.com/syotokutaisi/

聖徳太子しょうとくたいし)といえば、誰でも知っている名前ですが改めてどんな事をした人物なのでしょうか。 調べても何だか難しい言葉ばかり並べられて全然良くわからないんですよね。 今回は聖徳太子について、どんな人物なのか。カンタン ...

聖徳太子(しょうとくたいし)とは何? Weblio辞書

https://www.weblio.jp/content/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

聖徳太子」の意味は用明天皇の皇子のこと。Weblio辞書では「聖徳太子」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

うだ記紀・万葉/聖徳太子 - 宇陀市

https://www.city.uda.nara.jp/udakikimanyou/otokotachionnatachi/shotokutaishi.html

用明天皇の第二皇子で厩戸皇子とも呼ばれた。推古天皇の摂政をつとめ、一度に十人の声を聞き分けるなどの伝説で有名。冠位十二階、十七条憲法、遣隋使派遣など国家体制を整え、天皇による中央集権を進めた人物。 宇陀には聖徳太子が建立に関わっ ...

「法隆寺展―聖徳太子と平和への祈り―」|静岡市美術館

http://www.shizubi.jp/exhibition/140614_03.php

聖徳太子は大陸の進んだ文化・制度を進んで取り入れ、天皇を中心とした国家体制の確立を図るとともに、仏教を導入し、平和をもたらそうと努めました。 この章では聖徳 太子建立七大寺の一つ、大阪・四天王寺の重要文化財「聖徳太子絵伝」や太子ゆかりの ...

聖徳太子座像をエックス線で調査|エネ百科|きみと未来と。

https://www.ene100.jp/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90%E5%BA%A7%E5%83%8F%E3%82%92%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E7%B7%9A%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%9F%BB

わが国における6世紀から7世紀にかけての時代に、みごとな芸術と学問の発展を実現させた卓越した才能を持っていたのが、聖徳太子です。推古天皇の皇太子(本名・厩戸皇子)として摂政を務めました。世に言う飛鳥時代を築いた人です。 聖徳太子は、仏教を ...

特集 斑鳩・街道ロマン・聖徳太子と在原業平 - 旧街道ウォーキング - 人力

https://www.jinriki.info/kaidolist/feature/ikaruga/

国内初の世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」をはじめ、藤ノ木古墳など国宝や重要文化財が200件以上ある奈良県生駒郡斑鳩町。 斑鳩の地名の由来は、聖徳太子が宮を造った夢殿辺りに太く黄色い口ばしを持つイカルという鳥が群れをなしていたことから、  ...

変わる歴史用語、聖徳太子→厩戸王 学習指導要領案 :日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO12920600U7A210C1CR8000/

聖徳太子」は「厩戸王(うまやどのおう)」、「鎖国」は「幕府の対外政策」――。新学習指導要領案では、重要な歴史用語が最近の研究成果を反映して変更される。理科なども、自然災害の頻発や社会情勢の変化を踏まえた内容が盛り込まれた ...

【正論】周到な「聖徳太子抹殺計画」 次期指導要領案は看過できない 拓殖 ...

https://www.sankei.com/column/news/170223/clm1702230006-n1.html

国民に「厩戸王」の定着を狙う≫文部科学省は2月14日、次期学習指導要領の改訂案を公表した。その中に、国民として決して看過できない問題がある。日本史上重要な人物…

スポット紹介(1) 聖徳太子ゆかりの社寺|奈良県観光[公式サイト] あをに ...

https://yamatoji.nara-kankou.or.jp/18course/07drive-course/01north_area/x28u5hgxjc/1day/

スポット紹介(1) 聖徳太子ゆかりの社寺。奈良エリア。モデルコース。モデルコース。 奈良県観光公式サイト「あをによし なら旅ネット」(旧大和路アーカイブ)あおによし なら旅ネット。奈良大和路への旅に役立つ観光情報満載!伝統行事をはじめ、神社仏閣の秘宝・ ...

聖徳太子プロジェクト/奈良県公式ホームページ

http://www.pref.nara.jp/46012.htm

平成33年(2021年)に聖徳太子没後1400年を迎えるにあたり、奈良県では「聖徳太子 プロジェクト」を展開します。 我が国黎明のとき、政治・外交、文化・芸術、宗教・思想・ 道徳等幅広い分野における国の礎を築き、その後もいくつもの時代の人々に多くの影響を ...

2021年 聖徳太子1400年御遠忌 | 斑鳩町

http://www.town.ikaruga.nara.jp/category/3-3-0-0-0.html

イベント · 「法隆寺地域の仏教建造物」世界文化遺産登録25周年記念セミナー [2019年2月27日]; 4.瓦が語る法隆寺の歴史 開催記録 [2019年2月27日]. 斑鳩ブランド創造協議会の新しい仲間を随時募集しています · 聖徳太子和く和くプラン · 斑鳩町の聖徳 ...

聖徳太子で検索した結果 約7,490,000件

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)