このページの先頭です このページの本文へ

|からだとくすりのはなし|中外製薬

は、空気中の酸素をからだに取り入れ、いらなくなった二酸化炭素を外に出すはたらきをしています。鼻や口から吸い込んだ空気は喉頭(こうとう)を通り、気管(きかん)に入ります。気管は左右ののなかに入ると、2つに分かれて気管支(きかんし)となります。

- Wikipedia

(はい、英: Lung)は、脊椎動物の器官の1つである。臓とも呼ばれる。空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、老廃物である二酸化炭素を空気中に排出する役割( 呼吸)を持つ。これに対して水中から得た酸素を取り込み、水中に排出する器官が鰓( えら) ...

がんとは | がんの基礎知識 | がんを学ぶ | がんを学ぶ

がんとはにできるがんのことで、近年、患者さんの数が増加しています。最初に、 がんではどのような症状がみられるのか、がんの原因にはどのようなものがあるのかについて知りましょう。

急に胸が痛くなり続いています。心臓やの病気でしょうか?|一般社団 ...

胸部には、、胸膜、心臓、骨、神経、筋肉、一部の消化器臓器が存在し、様々な原因が考えらます。痛みの原因がなにかを推測するためには、(1)どのような痛みか(刺すような痛みか、鈍い痛みか、圧迫されるような痛みか、締め付けられる ...

覚えておきたい、の構造と名称 | がんとは | がんとともに生きる

がんは検査を受けたり、長い時間をかけて治療をしなければならない病気で、主治医から十分な説明を受けることが大切です。主治医の話を聞く前に知っておくとよい、 がんの基礎知識について説明しています。

の房(葉)を切り離す | がんが手術で取りきれる場合 | がん ...

は左右でいくつかの葉が房のように分かれており、がんが発生した時は房を1つの単位として切除します。このページでは、一番多く行なわれている手術「葉切除」 について説明しています。

【呼吸器の病気】 の生活習慣病といわれる「慢性閉塞性疾患(COPD ...

細気管支の先には、一つひとつが小さな組織でできている胞があります。そこでは酸素を血液中にとり入れ、血液中の二酸化炭素を排出するガス交換が行われています。 おもなの病気には、次のようなものがあります。

呼吸の制御 - 07. と気道の病気 - MSDマニュアル家庭版

呼吸の制御および07. と気道の病気については、MSDマニュアル-家庭版のこちらをご覧ください。

COPD(慢性閉塞性疾患)

COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性疾患)は、息をするときに空気の通り道となる気管支やに障害が起きて、呼吸がしにくくなるの「生活習慣病」で、喫煙と深い関わりがあります。以前は「気腫」と「慢性気管支炎」に分けられ ...

で検索した結果 約19,600,000件

学習

人の体のつくりとはたらき

などの呼吸器や胃腸、心臓のしくみなど、人の体について動画で学ぼう

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)