関連検索ワード
米の歴史日本 でもさがしてみよう

米の歴史 - お米の国の物語 | 亀田製菓株式会社

https://www.kamedaseika.co.jp/cs/knowledge/knowledgeRice/okomeHistory.html

日本米の起源は、中国の福建米(ふっけんまい)であろうとされています。日本米を肥料をやらずに放っておくと、やや長く色が赤くなります。日本の原始米は、おそらく赤米だったと考えられます。赤長米(つまり福建米)が日本で栽培された時期は、約3,000年ほど ...

米の歴史 - JAグループ福島 あぐり家の食卓

http://www.ja-fc.or.jp/kids/history/

米の歴史. 日本人にとって、なくてはならないお米だけど、 その栽培が始まったのはいつのころからだか知っているかな。 それは最新の研究によると弥生(やよい)時代か、 縄文(じょうもん)時代の頃、最初に東南アジアや朝鮮半島や台湾を経て 北九州に ...

米の歴史を教えてください。日本ではいつ頃からお米が作られるように ...

http://agrin.jp/hp/q_and_a/kome_rekisi.htm

答え] 稲はもともと自然にはえていました。つまり野生の稲です。野生の稲が変化して、 栽培(さいばい)できる今の稲になったのです。 今アジアで作られている稲が生まれた所は、 ①インドの北東部からラオスの西部にかけての、中国雲南省の南西部より南の ...

お米づくりの起源・歴史 | お米・ごはんに関する基礎知識を紹介。歴史 ...

http://www.okomehp.net/history/history002

現在の日本ではお米はどこででも食べられる身近なものですが、最初にお米が作られるようになったのはいつ頃なのでしょうか? 何千年も続く日本人のお ... 日本におけるお米づくり・稲作の歴史は非常に古く、なんと縄文時代から始まりました。中国から九州へと ...

米 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3

歴史[編集]. 稲は、原産地の中国中南部から北部、南アジアに、そして日本へと伝わった。麦などの他の穀物に比べて栄養価が高く、ほぼ完全食であり、大量に収穫できることから、アジアの人口増大を支える原動力となった。

米の歴史と食文化 - JA全農やまぐち

http://www.yc.zennoh.or.jp/rice/mamechishiki/mame02.html

米の歴史と食文化. ○お米のルーツ赤米と現在の主流「ジャポニカ米」と「インディカ米」. アジアのお米分布図 日本で稲作が始まったのは、縄文時代からだと考えられています。お米は大変なごちそうだったので、古代人はこれを神に供え、お祝いごとの時にだけ ...

お米の文化と歴史 - 米穀安定供給確保支援機構:米ネット

http://www.komenet.jp/bunkatorekishi/

監修: 国立民族学博物館名誉教授 小山修三総合地球環境学研究所教授 秋道智彌伝承料理研究家大阪市立大学生活科学科非常勤講師 奥村彪生. 1 米はどこからきたのだろう!? 1-1 イネのふるさと · 1-2 日本には朝鮮半島から伝わった · 1-3 伝わったのは ...

1-1 イネのふるさと-1 米はどこからきたのだろう!?-お米の文化と歴史 ...

http://www.komenet.jp/bunkatorekishi01/20.html

イネの栽培の歴史は古く、紀元前12~13世紀頃の最古の文献『リグ・ヴェーダ』にイネ( vrihi)のことが書かれています。イ ネが栽培された当初は、おそらく山地・丘陵でアワ、 ヒエ、キビなどの雑穀類とともに混作されており、その後、イネだけが独立して水田で栽培 ...

米・ごはんの歴史を調べよう|調べ学習|夏休み!自由研究プロジェクト ...

https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/category/research/history_of_rice/

日本人の主食の米は、いつごろから日本で栽培され、食べられるようになったのだろうか。

米の歴史 - 2019年 最新 Oh!おいしいお米のランキング&選び方 通販も

https://okome-ranking.net/wp/okome_history

日本のお米の歴史. 日本人の食の友、食文化の基本とも言えるお米ですが、いつ頃日本に入って来たかというと、研究によると、今から2000~3000年前、弥生時代か、縄文時代の頃に、朝鮮半島や台湾を経て北九州に伝わってきたと言われています。 また現在 ...

北海道米の歴史 | 北海道の米づくり|北海道のお米 - 北海道米Love

https://www.hokkaido-kome.gr.jp/about/history/

1692. 北海道の米づくりのはじまり。 北海道で初めてお米が作られた記録が残っている渡島地方。 当時の寒さの厳しい環境ではうまく作れなかった。 北海道稲作発祥の地碑( 北斗市). 1873. 不毛の大地を、 実りの大地へ。 「北海道稲作の父」と呼ばれる中山 ...

日本食の歴史:農林水産省

http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/rekishi.html

本章では、こうした歴史的事情を踏まえた上で、米という私たちに非常に親しみの深い食べ物を中心に、日本における食の歴史を眺めていくこととしたい。それゆえ、米以外の食物にも注意を払いながら、稲作以前および南北の問題についても、充分に眼を向け ...

JAみちのく村山 お米

http://www.mitinoku.or.jp/kome/kome.htm

中国では福建米という、肥料をやらずにおくと赤くな る赤米という米があり、これが日本米の起源であるといわれています。 日本にはインドのアッサムや、中国・雲南の山岳地帯に始まった稲作が縄文時代に伝わったとされていますが、 ...

花火はこうして進化した 中、伊、米の歴史 | ナショナルジオグラフィック ...

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/070500392/

2019年7月27日 ... 夏と言えば花火。だが米国では日本のように数多く花火大会が開かれるわけではない。 米国の花火はどこからきて、どのように進化したのか。

庄内平野の米づくりQ&A 酒田市

https://www.city.sakata.lg.jp/sangyo/nogyo/nosanbutsu/komedukuri_qa.html

Q3 庄内平野の歴史を教えてください。 山形県の北西部、日本海に面した庄内平野は、 大昔「潟湖(せきこ)」といって、海とつながる大きな湖でした。 その湖に山形県内を流れる最上川が運んでくる土や砂がたまって、だんだんと埋められていき、 ...

米の歴史と文化 – 五ツ星お米マイスターの活動日誌

https://kome.kaneko-shouten.co.jp/knowledge/history

五ツ星お米マイスター金子真人が「お米の歴史と文化 」について紹介しています。

食卓世界史_お米の歴史

http://www.ysn21.jp/~eipos/data/2006/WB18_003/asa/a_01_okome.htm

父:教一が語る「お米の歴史」. お米の伝来 お米の原産地は正確には分からないけど、 インドを流れるブラマプトラ川流域のアッサム地方、中国の長江上流域の雲南辺りではないかと推測されているんだ。稲作は今から約1万~7000年前に始まったといわれ、 ...

USAライス連合会|アメリカ米について

https://www.usarice-jp.com/about/

アメリカ米3種類の特長や、米作りの歴史、食味統計データなどをご案内します。USA ライス連合会は、アメリカ米の魅力を日本の皆さんに紹介しています。

さぬき米 - 香川県

https://www.pref.kagawa.lg.jp/nousei/santa/kokotore-book/data/kokumotu/sanukimi.pdf

歴史】. 日本では縄文時代晩期の遺跡から稲作の痕跡が見つかったとさ. れています。 【香川県での歴史】. 香川の稲作は紀元前 2 世紀の弥生時代に始まったと言われてい. ます。平安時代の「和名抄」(930 年ごろ)によれば、讃岐の. 国には 18,519ha もの ...

お米の品種 | お米の話 | 株式会社ヤマタネ食品本部

https://www.yamatane.co.jp/kome/story/brand.html

安全安心を更に追求して、おいしいお米を皆様に食して欲しい。そんな願いをヤマタネは実現致します。

いまどき 赤い米を作る人 - ARDEC

http://www.jiid.or.jp/files/04public/02ardec/ardec31/peoples_life.htm

日本への稲作伝来には諸説あるが、縄文時代後期、民族の交流や移動とともに中国大陸から西日本に伝わったというおおまかな歴史は、小学校の教科書にも記載されている。 しかし、もともと日本に伝えられた最初の稲は、赤米だったという事実は意外と知られ ...

米の歴史で検索した結果 約143,000,000件

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)