このページの先頭です このページの本文へ

介助ハンドブック

白杖は、目の不自由な方が歩行するときに使う道具です。その使用については道路交通法に ... 自動車の運転手、自転車、歩行者など周囲の人に、自分の存在を知らせ、注意してもらうことができます。 街で白杖をついている人を .... ここから. 紙をとおす. 定規をタテにして. 持ち運ぶ時のための穴. ページ数を書く. 真ちゅう製. 入れる. 入れる. 書くときは. 右から左へ. 書きます。 てんぴつ. 点筆. 定規. これはプラスティック製. で軽いから目 の不自由な. 方がケイタイして、メモ書. に使ったり、点字の初心者. 用に使ったりします。

9月のアルバム

点字を打つためのいろいろな道具を見せてもらいました。 点字を打つことができる道具を使って,実際に点字を打ってみました。 4年生が、9月14日(木)に点字について,9月22日(金)に目の不自由な人の生活や盲導犬についての学習をしました。福祉体験の一環として,点字の仕組みを学んだり,目の不自由な人のための道具などを触ったり, 生活の様子を聞いたりしました。 「点字・盲導犬についての学習」. 9月12日(火)に「 笑顔輝く!2学期にしよう集会」をしました。生活委員会による「あいさつと会釈」の説明と練習、 ...

点字ブロックは視覚障害者の命綱です - 埼玉県

2018年4月16日 ... 点字ブロックは視覚障害者の命綱です. 点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)とは. 点字ブロックは、視力が無かったり、視力が低下している人が安全に移動するために、 地面や床面に設置された四角形の案内表示です。 正式には「視覚障害者誘導用ブロック」といいます。 ブロックには突起があり、目の不自由な人は、この突起を足の裏や白杖で確認しながら進みます。 点字ブロックの色は原則として黄色です。これは、 周囲の路面や床面の色と明度や輝度の差をつけて、視力が低下している人にも ...

視覚障害者について 伝えたいこと - 点字学習を支援する会

国語の教科書で「手と心で読む」を学習して、視覚障害者が生活や学習で、どのようなことが不自由であるか、それに対してどのような工夫をしているか、みなさんに伝えたいと思ってこの文章を書きました。 ... では、全盲者の生活で不自由なことをあげてみます。 ... 音声の出る道具を使います。 (弱視). ・小さなものや字を見るときは、 レンズや拡大読書器などを使います。 ・遠くのものを見るときは、ピントが調節できる単眼鏡を使います。 ・照明器具を有効に使っています。 ・階段のへりなどに色違いのテープを貼ったりします。

駅にある工夫を見てみよう - 交通バリアフリーから共生社会を考えよう ...

人による対応. 設備だけバリアフリー化されても、人による対応が必要な場面があります。何かを尋ねたり、緊急時の対応などが必要で、鉄道会社によっては、案内を専門にする人を主要な駅に配置しています。乗り換え経路がわからない時など、日本語になれていない外国人への案内や聴覚に障害のある人への筆談などによる案内が可能です。 コミュニケーション支援ボードのイメージ. ※コミュニケーションをサポートするための道具 として、記号や絵などがかいてあるボードのことです。聴覚や知的に障害のある人以外に ...

関わり合えるように~4年国語の学習~

みなさん,この洗濯機の写真を見てください。 スイッチの上に小さい出っ張りがついていますね。 みなさんもなんでこんな出っ張りがついたいるんだろうと一度は,思ったことがあるかもしれません。実はこの小さな出っ張りが, 目の不自由な人のためにあるそうです。 私は,ほかに身近なところに目の不自由な人が便利に感じる道具がどんなものがあるのか知りたいと思い調べてみました。そして家や図書室の本などで見つけたものをメモしました。そして,見つけたものを,[家の中]と,「町の中」の2つに分類しました。 まず,家 ...

目の不自由な人のための道具 で検索した結果 約3,190,000件

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)