このページの先頭です このページの本文へ

モンスーン - Wikipedia

モンスーン(英: monsoon)とは、ある地域で、一定の方角への風が特によく吹く傾向があるとき(その風を卓越風と呼ぶが)、季節によって風の吹く方角(卓越風向)が変化するものを呼ぶ。アラビア語の「季節」(موسم mawsim、マウスィム)に由来する用語である。 これは、アラビア海で毎年6月から9月にかけて南西の風が、10月から5月にかけて北東の季節風が吹き、沿岸諸国の海上 ...

季節風って何?どうしてふくの? - はれるんランド

季節ごとにふく代表的な風を季節風と言います。日本では、夏の南風、冬の北西風があります。 では、どうして、この方向に風がふくのでしょう。 夏は、強い太陽のひざしによって、ユーラシア大陸が暖められ、太平洋より気温が高くなります。暖かい空気は冷たい ...

季節風(きせつふう)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 季節風の用語解説 - モンスーンのことで,一般的には夏と冬で風向がほぼ正反対になる卓越風をいう。モンスーンの語源は,アラビア語のマウシム mausim(季節風の意)で,アラビア海において半年交代で吹く南西風と ...

季節風気候(キセツフウキコウ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 季節風気候の用語解説 - ⇒熱帯モンスーン気候.

偏西風や貿易風、季節風などの違いがよくわかりません。|地歴公民 ...

偏西風や貿易風、季節風などの違いがよくわかりません。について。高校生の苦手解決Q&Aは、あなたの勉強に関する苦手・疑問・質問を、進研ゼミ高校講座のアドバイザー達がQ&A形式で解決するサイトです。【ベネッセ進研ゼミ高校講座】

季節風(きせつふう)の意味 - goo国語辞書

きせつふう【季節風】とは。意味や解説、類語。季節によって吹く方向を変える風。大陸と海洋の温度差が原因で起こり、平均して、冬は大陸から海洋に、夏は海洋から大陸に向かって吹く。東南アジアやインドに著しく、乾季・雨季を生じるもとになる。モンスーン。

季節風がふくのは? | クリップ | NHK for School

季節風のしくみを海陸風のモデル実験を参考にして説明します。

季節風 で検索した結果 約744,000件

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)