このページの先頭です このページの本文へ

小学5年生理科 単元別「支援教材」検索プラットフォーム

メダカのたんじょう, 動物の発生や成長について興味・関心をもって追究する活動を通して、動物の発生や成長について推論しながら追究する能力を育てるとともに、 それらについての理解を図り、生命を尊重する態度を育て、動物の発生や成長についての見方や考え方をもつことができるようにする。 ○魚には雌雄があり、生まれた卵は日がたつにつれて中のようすが変化してかえること。 ○魚は、水中の小さな生物を食べ物にして生きていること。 5) 動物のたんじょう 資料を活用して、魚や人の発生や成長についての考えを ...

小山小のたんじょう

小山小のたんじょう 小山小ができる前は、武士の子やお金持ちの家の子どもたちは、藩の学校で難しい漢字の勉強などをしていました。また、町の子どもたちは、武士や坊さん、神主さんなどが「よみか」「かき」「そろばん」を教えていた「寺子屋〔てらこや〕」とよばれるところへいって、勉強しました。 明治5年になると、学校についてのきまりができました。そのあと、たくさんの学校がつくられました。「日本中、どこの家でも、一人も勉強しない人がないように、どこの村でも、学問をしない家がないように。」という、明治政府のことば ...

メダカのたんじょう(5年生) - 横見小学校

5年生の理科で「受け継がれる生命」という単元で「メダカのたんじょう」について学習をはじめました。 1班に3~4匹メダカをわたし、「おす と めす」の見分けをしました。 見分け方は「せびれ」と「しりびれ」がポイントです! 上手に見分けることができました。 これからたまごを産ませられるよう、班ごとに飼育をがんばります。 上手にそだてられますように 絵文字:星 ちょうど、1匹のメダカがたまごをもっていたので、けんび鏡でたまごの観察もしました。 「わー!」と歓声があがりました。 生命の不思議です!

単元名

単元名. 5年 生命のたんじょう. 単元の目標. ○ 魚と人はどちらも卵から生命が始まることに興味をもち,子どもに育って生まれるまでの様子をどちらか選んで調べることができるようにする。 ○ 魚ではメダカの雌雄をを飼育して採卵し,子メダカになるまでの様子を観察し,目立った変化をとらえることができるようにする。 ○ 人では,母体内での子どもの成長から誕生までの過程を資料などで調べ,変化の様子をまとめるとともに, 生命のすばらしさをとらえることができるようにする。 学習活動. (児童の素朴な見方や考え方).

まよなかの たんじょうかい - 鈴木出版 Suzuki Publishing

環境に負けずに、どの子どもたちにも、いつも笑顔でたくましく、人の痛みのわかる子に育ってほしいですね。さきちゃん、これからも、がんばって! 【著作者プロフィール】 □ 西本鶏介(にしもと・けいすけ)/奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学評論、民話研究、創作と幅広く活躍。絵本に『おじいちゃんのごくらくごくらく』『はいくのえほん』 (鈴木出版)『よかったなあ、かあちゃん』(講談社)『さよなら、おばあちゃん』(佼成出版社)など多数。 □渡辺有一(わたなべ・ゆういち)/1943年旧満州生まれ。武蔵野美術短期 ...

ヴィーナスの誕生 - Wikipedia

ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、伊: La Nascita di Venere) は、 ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。 この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。

5年生)[PDFファイル/161KB]

胎児期から、誕生してにっこり笑うまで. の成長を、愛情深い文と表情豊かな赤ちゃんの絵でつづります。 13. あなたが生まれるまで. ジェニファー・デイビス/作. ローラ・ コーネル/絵. 槇朝子/訳. 小学館. 1999年. 1600円. お母さんのおなかの中で、 赤ちゃんが大きくなっていく9ヵ月を楽しいしかけで. 描かれています。親子で楽しめるコミュニティー絵本。 生命のつながり(3). メダカのたんじょう. 生命のつながり(2)(5). 植物の成長. 植物の花のつくりと実や種子. 生命のつながり(4). 人のたんじょう. 5年生おすすめ本.

人のたんじょう で検索した結果 約1,400,000件

学習

人のたんじょうと成長

おなかの中で赤ちゃんが成長するようすなど、人のたんじょうに関する動画を見てみよう!

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)