このページの先頭です このページの本文へ

ルイブライユ - Wikipedia

ルイブライユ(Louis Braille, 1809年1月4日 - 1852年1月6日)は、フランスのアルファベットの点字開発者。 ブライユは、パリの東方60 kmにあるイル・ド・フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県にある人口2700人ほどの小さな村クヴレで生まれた。 ブライユの ...

ルイブライユ - 学習 - Yahoo!きっず

1825年、ルイブライユという人が、いまの6つの点を組み合わせる点字を考えたんだ。 ルイブライユってどんな人だったのかな?

ルイブライユってどんな人だったの? - 調べるん

点字の仕組みを考えたルイブライユがどんな人だったのかについて紹介しています。 ルイブライユは1809年に生まれたフランス人です。ちなみに誕生日は1月4日。「ルイ」 が名前で、「ブライユ」が苗字。

Vol.20 点字の考案者 ルイブライユ | 目のおはなし | 株式会社ニデック

目のおはなし「Vol. 10 点字を読んでみよう」では、点字のはじまりや読み方などを紹介しました。今回は6つの点の組み合わせによる点字を考案したルイブライユ(Louis Braille 1809-1852)について詳しく紹介します。

点字を作った人

ルイブライユは1809年にパリの西南のクーブレイという村で生まれました。幼いときに事故で失明しました。当時は盲人は生活をするのが非常に困難な時代だったのですが、 両親の努力や周りの人力により教育を受けることができ、パリ盲学校に入学することが ...

6この点 点字を発明したルイブライユのおはなし - 株式会社岩崎書店 ...

フランス人のルイブライユは、5歳のときに失明しました。 ルイは、とても頭のいい少年で、目の見える人と同じように生活する決心をします。 そして、ルイがいちばんやりたかったことは、本を読むことでした。 けれどそのころ、パリにある目の見えない人のための盲 ...

ルイブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 | 小学館

現在、世界中で広く使われている点字は、今から約190年前にフランスで発明されました。発明者はなんと当時15歳の全盲の少年。その名はルイブライユといいます。彼は5 歳の時に全盲となるも、当時としては珍しく盲学校で教育を受けます ...

ルイ・ブライユ で検索した結果 約63,200件

学習

ルイ・ブライユ

点字のしくみを考えたルイ・ブライユについて、調べてみよう!

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)