このページの先頭です このページの本文へ

第3章 目の見えない人のための機器の紹介 - 19 -

(1)道路関係. て ん じ. ①点字ブロック. ど う ろ. て ん じ. すす. ほうこう. まが. かど. おうだんほ ど う. き. 道路にある点字ブロックは、進む方向、曲がり角や横断歩道など気. き け ん. ば し ょ. め. ふ じ ゆ う. ひと. しめ. をつけないといけない危険な場所を目の不 自由な人に示しています。 て ん じ. こわ. とちゅう. 点字ブロックが、壊れたり、途中でなくなってしまっていたりす. ど う ろ. て ん じ. く べ つ. ある. と ちゅう. ると、道路と点字 ブロックの区別ができなくなり、歩いている途 中. まよ. で迷ってしまいますので大切にしましょう。

「いっしょに歩こう」目の不自由な人の誘導方法を簡単 ... - 日本点字図書館

日本点字図書館のホームページ「いっしょに歩こう」目の不自由な人の誘導方法を簡単にまとめたリーフレットがダウンロードできるようになりました. ... 道路や駅のホームをはじめ、皆さんが町の中を歩いていると、白い杖を持っていたり、盲導犬を連れた目の不 自由な人(視覚障害者)を目にする機会があるでしょう。 「あれ?あの視覚障害者のかた、迷っているみたい・・」「改札の場所は ... 白い杖 白い杖は目の不自由な人が歩くために欠かせないもので、正しくは白杖(はくじょう)といいます。 白杖には3つの役割があります。

全視情協:点字とは - 視覚障害について

その視覚に障害があると、日常生活にずいぶん不便・不自由が生じますが、多くの視覚障害者は、自らの努力と工夫、そして不便さを補う機器類や周囲の人のサポートによって、自立した生活を送っています。 また、わたしたちの社会は、性別・年齢・職業・ 性格などのさまざまな人がいて、個性を持って成り立っています。同じように、視覚障害者 .... その不自由を補うために、点字・音声・拡大文字、白杖・盲導犬・点字ブロックなどがありますが、周囲の人のサポートも必要となってきます。 最近、視覚障害者が ...

社会福祉法人 京都ライトハウス - 視覚障害なんでもQ&A

画像:点字版で点字を打つ様子 目が不自由な人のための文字です。縦3点・横2点の凸点を組み合わせたもので、読むときは指で触り、書くときは点筆や点字タイプライターなどを使います。点字を使うためには一定の訓練が必要です。点字は、1825年にフランスのルイ・ブライユによって考案され、日本には1890年に伝わりました。点字で読書や投票が ... このように視覚障害者の目や手の代わりとなる道具であり、同時に周りの人に目が不自由であることを知らせて注意を呼びかけるものでもあります。白杖を使って一人で ...

点字以外の道具

目の見えない人たちが文字や色などを知ったり、伝えたりする方法には下のような方法を用いています。 最近は、コンピュータなどの電子機器の機能が発達してきたため、 コンピュータを利用した目の見えない 人のための機器が開発されています。 レーズライター. 立 体 コ ピ ー. ] 表面作図器:シリコンマットの上に、セロハン紙を置き、 ボールペンで書くとひっかいたようになって、書いた線が手で触って確認できるようになる, ①図を普通の紙にペンで書く ②それを特殊加工された紙にコピーする ③このコピーのカーボンが特殊 ...

点字ブロックは視覚障害者の命綱です - 埼玉県

2018年4月16日 ... 点字ブロックは視覚障害者の命綱です. 点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)とは. 点字ブロックは、視力が無かったり、視力が低下している人が安全に移動するために、 地面や床面に設置された四角形の案内表示です。 正式には「視覚障害者誘導用ブロック」といいます。 ブロックには突起があり、目の不自由な人は、この突起を足の裏や白杖で確認しながら進みます。 点字ブロックの色は原則として黄色です。これは、 周囲の路面や床面の色と明度や輝度の差をつけて、視力が低下している人にも ...

社会福祉法人 中部盲導犬協会 » 視覚障害者を助ける道具

視覚障害者を助ける道具. 視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック). 一般的には「点字 ブロック」と言われています。表面がでこぼこで足の裏や白杖で分かるようになっています。歩行の助けをするものです。色は黄色や緑色、クリーム、シルバーのものもあります。黄色などの目立つ色が多いのはロービジョンの方(物が少し見える人)に分かりやすいからです。 点字ブロックDSC_1221 ...

目の不自由な人のための道具 点字 で検索した結果 約76,300件

検索結果ページで、リンクが切れていたり、いやなページが出てきたら… ページをしらせる(おとなの人といっしょに見てね)