よみがなをつけよう>


文化 国宝「唐門」34年ぶり開門へ

毎小ニュース
毎日小学生新聞 
西本願寺の唐門

京都市下京区の世界遺産・西本願寺の「唐門」=写真=の扉が21日、34年ぶりに開けられます。来年から修復工事が始まるため、特別に開門します。
唐門は高さ約9メートル、幅約5メートル。桃山時代の豪華で細かい装飾がほどこされ、国宝に指定されています。彫刻の見事さに、眺めていると日が暮れるのを忘れてしまうことから「日暮らし門」とも呼ばれています。扉は1983年の儀式を最後に閉じられたままでした。開門は午前9時~午後5時で、午後1時までは参拝客も通れます。

毎小ニュース(外部サイト)

新聞の役割はニュースを伝えること。日々のニュースの中から、小学生たちにも知っておいてほしいという時事ニュースを、毎日わかりやすくコンパクトに伝えています。大人にもよくわかると好評です。

毎日小学生新聞は1936年に創刊した最も歴史あるこども向け日刊紙です。各コーナーには教科をこえた問いかけがいっぱい。考える力、表現する力が身につきます。人間力を育むことを目標にしています。

毎日小学生新聞 (外部サイト)

キミはどう思う? おしえて!

もっと見る

最新のニュース

もっと見る

先週のニュース(5/22〜5/28)