よみがなをつけよう>


国際 アメリカ ロシア疑惑で特別検察官 司法省が任命、真相解明へ

毎小ニュース
毎日小学生新聞 
トランプ政権とロシアの関係

トランプ政権とロシアの関係をめぐる疑惑に揺れるアメリカ(米国)で、司法省は17日、真相を調べるため、政府から独立して捜査できる特別検察官に連邦捜査局(FBI)元長官のロバート・モラーさんを任命しました。本格的な真相解明が期待されています。
野党(政権側ではない政党)の民主党などが特別検察官の任命を求めていました。司法省の副長官は、任命が国民の関心に応えるためで、犯罪が確認されたわけではないと説明しています。トランプ大統領は自分の潔白が証明されるだろうという内容のコメントを発表しました。
モラーさんは、トランプ大統領によってFBI長官を辞めさせられたコミーさんの前任者です。

不適切な関係、相次ぎ明らかに

トランプ政権とロシアの不適切な関係について、アメリカの新聞やテレビが次々に伝えています。
前大統領補佐官のフリンさんについての疑惑もその一つです。ロシアの企業との取引を制限するといったアメリカによる経済制裁について、補佐官に就任する前から、アメリカにいるロシアの大使と話し合いをしていたと報じられ、2月に別の人に代わりました。
一方、トランプ大統領は、捜査にあたっていたFBIのコミー長官を今月9日、解任しました。解任前、トランプ大統領は捜査の打ち切りをコミー長官に求めたと16日に報道され、捜査の妨害にあたると問題になっています。
さらに、トランプ大統領が10日にロシアのラブロフ外務大臣らと話をした時、秘密の情報を漏らしたとも報じられています。

毎小ニュース(外部サイト)

新聞の役割はニュースを伝えること。日々のニュースの中から、小学生たちにも知っておいてほしいという時事ニュースを、毎日わかりやすくコンパクトに伝えています。大人にもよくわかると好評です。

毎日小学生新聞は1936年に創刊した最も歴史あるこども向け日刊紙です。各コーナーには教科をこえた問いかけがいっぱい。考える力、表現する力が身につきます。人間力を育むことを目標にしています。

毎日小学生新聞 (外部サイト)

キミはどう思う? おしえて!

もっと見る

最新のニュース

もっと見る

先週のニュース(5/22〜5/28)