よみがなをつけよう>


震災 姉の分まで卒業 石巻・大川小

ニュース交差点
毎日小学生新聞 
【仙台支局依頼・東日本大震災】父真一郎さん(左)、母なおみさん(右)とともに、晴れ姿で大川小学校の卒業式に臨む平塚冬真さん。東日本大震災時に小学6年生だった姉小晴さんは津波にのまれ、1週間後に控えた卒業式を迎えることができなかった=宮城県石巻市で2017年3月17日午前8時14分、喜屋武真之介撮影

東日本大震災の津波で、子どもや教職員計84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校で17日、6人の卒業式がありました。
この日、卒業式を迎えた平塚冬真さん(12)の姉、小晴さん(当時12歳)は、卒業式を目前にして津波で命を落としていました。
小晴さんが迎えられなかった卒業式に臨んだ冬真さんは涙をほとんど見せませんでした。「努力家のお姉ちゃんはずっと憧れの存在。お姉ちゃんのためとかではなく、自分の道を進んでお姉ちゃんを超えたい」と力強く話しました=写真。

ニュース交差点(外部サイト)

「むずかしいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く」。作家・井上ひさしのモットーが編集目標です。1週間のできごとを手早く、深くつかむことができます。

ニュース交差点 (外部サイト)

毎日小学生新聞は1936年に創刊した最も歴史あるこども向け日刊紙です。各コーナーには教科をこえた問いかけがいっぱい。考える力、表現する力が身につきます。人間力を育むことを目標にしています。

毎日小学生新聞 (外部サイト)

キミはどう思う? おしえて!

もっと見る

最新のニュース

もっと見る

先週のニュース(3/13〜3/19)