よみがなをつけよう>


2020年に火星探査 小型衛星で

ニュースあれこれ
朝日小学生新聞 

水や酸素の検出めざす

 総務省の専門家会議は13日、火星を周回する重さ100キロ以下の超小型衛星を2020年に打ち上げる方針を確認しました。水分を検出するセンサーをのせ、火星の地表や上空にある水や酸素の検出をめざします。成功すれば、日本の衛星で初めて火星の軌道に投入されることになります。
 日本の火星探査では、1998年に打ち上げられた探査機「のぞみ」が近くまで行きましたが、必要な装置が動かず、2003年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所が軌道への投入をあきらめました。

ニュースあれこれ(外部サイト)

日々のニュースや気になる話題をコンパクトにまとめたコーナー。
気になる話題がすぐにわかります。

ニュースあれこれ (外部サイト)

朝日小学生新聞は「毎日届く教材」です。毎日続けて新聞を読む習慣が学力向上につながります。
日刊なので気になる時事ニュースもすぐ紙面に登場、難しい言葉の解説もあるので理解度がアップします。
ニュースから理科、英語まで学年に応じて楽しめます。

朝日小学生新聞 (外部サイト)

キミはどう思う? おしえて!

もっと見る

最新のニュース

もっと見る

先週のニュース(3/20〜3/26)