よみがなをつけよう>


社会 2.26事件の日誌、公文書館へ 事態を収めた陸軍少将が記録

ニュース交差点
毎日小学生新聞 
2・26事件の内幕が記された「戒厳機密日誌」
「極秘」と書かれた「戒厳機密日誌」の表紙

陸軍の青年将校らが政府の主要人物らを襲った1936年の2・26事件で、事態を収めることに力を尽くした憲兵(軍の内部警察)の日誌が国立公文書館(東京都千代田区)に預けられました。8月末に公開される予定です。
これは憲兵司令部総務部長で司令官代行だった矢野機・陸軍少将(1887~1992年)が残した「戒厳機密日誌」。表紙に「極秘 二・二六事件ニ関スル記録」と書かれています。千葉県習志野市の酒屋の蔵で見つかりました。事件が起きた2月26日から、28日を除く3月2日まで記されています。
日誌によると、陸軍幹部らは事件を起こした青年将校らを武力で抑えるか、自殺させるのがよいと主張。しかし、矢野少将は「此ノ機会ニ軍ノ明朗化ヲ期ス、該将校ハヨキ証拠人ナリ」として、自殺させず逮捕するのがよいとし、結果的に青年将校の自殺は1人ですみました。

ニュース交差点(外部サイト)

「むずかしいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く」。作家・井上ひさしのモットーが編集目標です。1週間のできごとを手早く、深くつかむことができます。

ニュース交差点 (外部サイト)

毎日小学生新聞は1936年に創刊した最も歴史あるこども向け日刊紙です。各コーナーには教科をこえた問いかけがいっぱい。考える力、表現する力が身につきます。人間力を育むことを目標にしています。

毎日小学生新聞 (外部サイト)

キミはどう思う? おしえて!

もっと見る

最新のニュース

もっと見る

先週のニュース(2/13〜2/19)